人気ブログランキング |
ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

2009年 04月 19日 ( 1 )

どうも。今週は放送がお休みということで、久々にまったり(笑)できたので、個人的な感想を書きます。

自分の生い立ちと比べてみると、それゆけ!の監督交代の時期、ちょうど自分が小学校を転校した時期と
重なっていました。放送時間も変わり、おそらく樹理監督になってからの方が、番組を見やすい時間だったと
思われ、樹理監督の記憶が多いです。
しかし、転校してからは野球より、釣りとガンプラ(爆)に夢中だったことも思い出しましたが(w)。

ゆかり監督と樹理監督の比較論もあるようですが、個人的には子供の時に見る番組の主役は監督ではなく
子供ということもあり、監督の差はあまり感じません。
子供のころ、自分がヒーローになることが最大の関心事だったので、魔球を投げられる方がカッコいい
という、邪(よこしま)なガキでした(w)。

なので、放送当時の感覚では、(今、再放送を見る限りにおいて)、物足りなかったかも。

ですが、大人になってみるレッドビッキーズは、純粋な人間関係に惹かれて見てます。
大人になると感情をあらわに語れるのは、ネットぐらいのもので、実社会では、表に出すことはめっきり
減った気がします。

ゆえに、相手が何を考えているのかわからない、伝わらない、体温を感じないコミュニケーションの多さに、
企画書の山ができあがる仕事の要因を感じつつ(爆)、レッドビッキーズの人間関係にうらやましさを感じます。

東映ヒロインMAXの斉藤とも子さんのインタビューも読みましたが、監督交代で本当にみんな泣いたという
エピソードに熱いものを感じました。

まさに、今のレッドビッキーズは心のオアシスです。
by salomon70 | 2009-04-19 12:31 | Comments(0)