ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

第28話 ストップ快速軍団

ベスト4進出を目前に、アップルズの敵情視察に行って来たブラザーと
カリカリの報告から、打撃、守備ともに大したことが無く、楽勝のムー
ド漂い、既にアップルズに勝ったつもりになってしまっていたレッドビッ
キーズ。

石黒コーチから、チームが油断し過ぎて、浮ついているという指摘を受け
令子は、自分の目でアップルズを見に行くと、足の速い選手が多い快速
集団だとわかった。
令子は、打撃より守備力が大事と考え、チームに守備だけを練習させる。
レッドビッキーズのメンバーからは、打撃練習をしないことに不安を
感じると言う者も出ていたが、令子はひたすら、連携プレーなどの練習
メニューを効率的にこなさせていった。

そしてベスト4進出をかけたアップルズとの試合は、令子の練習プラン
の効果が現れ、8対3で最終回を迎えた。
しかし、ツーアウトを迎えたところで、ブラザーが落球したのをきっかけ
に、チームのバランスが崩れてしまい、塁を溜め込み始めたレッドビッキ
ーズは、ついに8対7の1点差に詰め寄られてしまう。

浮つき始めたレッドビッキーズを前に、令子は守備練習の時に使った
案山子のポーズを取る。

その姿を見たレッドビッキーズのメンバーは、いつもの冷静さを取り
戻した。
そしてアップルズ最後の打者が放ったボールをカリカリが拾い上げ、
一塁のカバーに入ったノミさんに正確なボールを投げ、ゲームセット。

レッドビッキーズは準々決勝へと進出したのであった。

というお話し。

このコメントを書いて思ったのだが、レッドビッキーズで初めて野球
ドラマらしい?野球の展開に重きを置いたお話しだったと思う。

第27話からのオープニングもメンバーひとりひとりが、紹介させるカ
ットに変わった事もあり、今までとは違う見ごたえのあるストーリだ
った。

こういう展開が、「がんばれ!レッドビッキーズ」をただの1ドラマ
ではなく、野球少年の心もつかんだ名作になったのだと思った。
[PR]
by salomon70 | 2006-03-26 13:58 | がんばれ!のストーリー&感想 | Comments(0)