ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

第24話 まぼろしのテスト生

ブルーチキンズと対戦を控え、練習に息が入るレッドビッキーズのメンバー達。
そんなレッドビッキーズの練習を、1週間ずっと見続けている少年「今井清(きよし)」(中村肇)が居た。練習が終わった後、後片付けを手伝おうとする清に、そんなに野球が好きならばと、令子はボールを試しに投げさせる。
すると、清の素晴らしいコントロールと球威に令子は驚く。令子は、レッドビッキーズに入らないかと誘うが、病院の先生の許可がいるという。

清の母親に事情を聞くと、1ヶ月前に交通事故に合い、野球をしていたこと以外、記憶がなく、自分の母親もわからず、お母さんと呼ぶこともできないという。令子は、野球をきっかけに、記憶を思い出すことができるかも知れないと、清をレッドビッキーズのテスト生として入団させることにした。

グラウンドで披露した清の球威に舌を巻くレッドビッキーズのメンバー達。それを見たノミさんは、自信をすっかりなくし、レッドビッキーズを辞めると言い出す。
気落ちするノミさんを気遣い、他のレッドビッキーズのメンバーも、清を辞めさせるように令子にお願いをする。

しかし、令子から、清が記憶喪失で、(何故か)記憶を思い出せば、いなくなる身ということを聞かされたノミさんやレッドビッキーズのメンバー達は、清を快く向かい入れることにする。

清をメンバーに加え、ブルーチキンズとの対戦に臨むレッドビッキーズ。
エースの座を取られないよう、いつにも増して球威のあるボールを投げるノミさん。

しかし、途中で肩を痛めたと言って、交代させて欲しいとノミさんが言い出す。
リリーフとして登場した清は、持ち前の脅威あるボールを投げ込み、ブルーチキンズを押さえ込んでいく。
そして最終回、清は二塁打を放ち、他のメンバー達もそれに続く。そしてトータスがヒットを放ち、清はホームへ頭から突っ込む。その時、清の脳裏に事故当時の記憶が蘇る。
立ち上がらない清のもとに、母親が清の名前を叫びながら駆け寄る。

その声に目を開けた清は、駆け寄る母に、「お母さん」と言って走り出し、そして抱き合あった。
ノミさんの肩を痛めたという「演技」が、清の記憶を呼び覚ますきっかけとなり、まぼろしテスト生、今井清は、レッドビッキーズを離れていくのであった。

というお話し。

う~ん、いい話だ~。おれはこういう展開好きだな。それにしても、レッドビッキーズというのは、やっぱり閉鎖的なチームだ(爆)。
実力のあるものが、入れないというのは、冷静に考えれば変な話だね(笑)。

ユニホームを置いて走り去るノミさんが、清にエースを譲ると言い出し、レッドビッキーズのメンバーが、ノミさんをかばうために、「ノミさんが、かわいそうだ」とか、(ノミさんを守るのが)「チームワークだ」などというのは、まるで一昔前の純血主義であった巨人を彷彿とさせる(笑)。
それならば、ホームラン太郎やジュリを加入させたのは何故か?金か?だからか?(爆)。

可愛そうな清君・・・。でも、一番肩を撫で下ろしているのは、ノミさんではなく、(顔勝負で)ジュクだったと俺は思う。(爆)
[PR]
by salomon70 | 2006-02-05 20:44 | がんばれ!のストーリー&感想 | Comments(0)