人気ブログランキング |
ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

第21話「シゲのファインプレー」

荒川暁氏による野球協定違反(笑)かも知れないレッドビッキーズへの熱い指導が展開される。
しかし、シゲの居残り特訓に不満を持つオーナーは、自分が特訓すると言って、途中でシゲを連れ帰ってしまう。
オーナーの過保護ぶりに令子は、オーナーと話し合おうとするが、向き合おうとしない。
オーナーが、川原でシゲを鍛えているところに、令子は出向き、オーナーの過保護トレーニングは、シゲをかえって駄目にするだけだと言いうが、かえって反発されてしまう。
令子は、シゲに直接話しかけるが、「とうちゃんが喜べばそれでいい」と言われてしまう。
オーナーにシゲを誘惑しないで欲しいと言われた令子は、思わず「二度とレッドビッキーズに戻ってくるな」と言って喧嘩別れをしてしまう。

しかし、その夜、オーナーは令子の自宅に謝りにやってくる。
オーナーの父親は、仕事で稼いだお金を酒で使い込んでしまい、家は貧乏生活を強いられていた。オーナーが子供の頃、貧乏の為、皮のグローブが買えず、「皮なし」と呼ばれていた頃の思いから、息子には苦労をさせたくなかったという気持ちを聞き、令子とオーナーは仲直りをする。
だが、令子の家からの帰り道、オーナーは車に轢かれ、怪我をしてしまう。
店の経営を心配するかーちゃんであったが、シゲは自分が出前をすると言って親を気遣う。
父親の怪我をきっかけに、別人のようにシゲは練習にも熱が入り、そしてブラックシャークスとの試合でも、最終回、さよなら負けのピンチを、シゲのファインプレーで救ったのであった。
大きく成長したように見えたシゲであったが、後日の練習では、いつものダメなシゲに戻っていた。

というお話し。

実際のグラウンドに出かけると、オーナーのような過保護パパよりも、子供以上に熱を上げる親を見かける。少子化もあって、オーナーのように新しいグローブを直ぐに買ってやったりするのは、今も昔も変わらないのかもしれない。
この放送話の中の個人的ツボは、川原で練習するシゲを、令子が連れ戻そうとした時、ヒソヒソ話をする令子に、オーナーから「息子を誘惑しないで欲しい」と言われ、「誰が小学生を誘惑するものですか!!」というやり取りが可愛かった(爆)。
ストーリーの最後、ダメシゲに戻ってしまったシゲに「あ~ん。ダメだこりゃ」という演技とセリフは、当時の林寛子ファンに、アイドル的カワイサを十分すぎるほど振りまいたことだろう。(笑)
by salomon70 | 2006-01-28 13:48 | がんばれ!のストーリー&感想 | Comments(0)