ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

第20話「ジュクの変身」

モンキーズとの試合。ノミさんとジュクの呼吸が合わず、4連続フォアボールを与えた上、最後は長打を許し試合に負けてしまう。
リードの仕方が悪いと、一方的にジュクを責めるノミさんから「女みたいな言葉遣いはやめてほしい」と言われ、二人はケンカをしてしまう。
そんな情けない状態に、試合後の特訓をせずに帰ってしまう令子。しかし後から、ピッチャーとケンカしてしまったことを謝りにジュクが、令子の家を訪ねてきた。
「野球はホームに始まりホームに終わる。だからチーム全体を率いて欲しい」と令子から期待をされるジュクであった。
翌日の練習から、チーム全体のプレーに、「男言葉」を使って意見を言うようになったジュクであったが、かえってノミさん達の反感を買い、ジュク相手にボールを投げたくないと言い出してしまう。
石黒コーチからは、呼吸が合わないならば、ショートをやって、ナッツにキャッチャーをやらせようと切り出される。
令子はジュクをキャッチーに据えようとするが、ジュク自らがショートをやると言い出す。
ナッツをキャッチャーにしてから、ノミさんのコントロールは冴え、チームは順調に動き出したかのように思えた。
しかし、その日からジュクに異変が起きる。ジュクは、ショートをうまく務められるように特訓して欲しいと言い出す。その熱意には、石黒コーチも舌を巻く勢いであった。
令子が家に戻ると、ジュクの母親が訪ねに来ていた。ここ数日、急に無口になって心配していると聞かされる令子。
ジュクを探しに出かけると、グラウンドで石黒コーチのノックを受けていた。塾をサボり、教科書を踏みつけてグラウンドを駆け回るジュクの姿に、令子は首をかしげる。
一方チームでは、ジュクをキャッチャーに戻したくない一部のメンバーが、わざと三振をして、ナッツとノミさんのコンビをうまく行っているように演出するという、深刻な事態に陥っていた。石黒コーチからそれを聞いた令子は、ジュクをキャッチャーに戻そうとするが、ジュクは頑なに拒まむ。
しかし、令子は、公園で子供にキャッチャーの手ほどきをしているジュクを見かけ、本当はキャッチャーをやりたいジュクの本心に気が付いた。そして令子は「自分を殺してまで野球を続ける意味は無い」とジュクを諭す。
翌日、令子はジュクをキャッチャーに戻すとメンバーに告げた。不満を漏らすメンバーを前に、ひとりノミさんを呼びつけた令子。令子は、ノミさんのジュクとバッテリーを組みたくない理由が、ジュクの女みたいな言葉遣いがイヤだからではなく、自分の自信のなさをジュクのせいにしているからだと指摘する。
そしてジュクをメンバーの前に立たせて、自分の本心を言うようにいった。チームのために自分を押し殺してきたジュクは、大声で「キャッチャーをやりたいです」と、いつもの口調で語った。ジュクの本心を聞いたレッドビッキーズのメンバーは、復活したノミさんとジュクのバッテリーに、エールを贈るのであった。

というお話し。

う~む。ここでも、ラブラブな令子とジュク。石黒コーチにジュクをショートとコンバートさせようとされ、ひとり反対する令子の姿は、明らかにえこひいきに映った。(笑)
チームリーダーになるというのは、子供の世界では、大人以上にむずかしいと思う。
大人の世界は、能力が低くても、他に優秀なスタッフが社内にいても、役付きであれば、ソイツが人に指示を出し、それにそって、成果は別として組織は、とりあえず動く。(毒)
子供の世界は、肩書きが効かない分、真の実力世界と言えよう。
[PR]
by salomon70 | 2006-01-15 02:23 | がんばれ!のストーリー&感想 | Comments(0)