ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

第13話「初勝利のプレゼント」

退院も近づいた令子のもとにレッドビッキーズの面々が見舞いにやってくる。
令子は、またレッドビッキーズの監督を続けることが出来ると話すが、子供達から
レッドビッキーズは解散したと告げられる。

退院をした令子は、レッドビッキーズの面々に声をかけるが、みんなそっけない。
グラウンドで凧揚げを楽しんでいるメンバー達に声をかけるも、まるで相手にされない。
令子はみんなに嫌われた思い、一人落ち込むのであった。

令子の父「幸一郎」にレッドビッキーズが、実は解散したことを話し、1勝も出来ないチームなんてどうでもよかったと話す。
すると幸一郎は「お前の青春はそんなものなのか」と諭される。

公園でひとりブランコに揺られていると、次の日曜日に対戦するバイキングスの監督に声を掛けられる。猛特訓をしているレッドビッキーズと対戦するが楽しみだと聞かされ、不思議に思う令子であった。
グラウンドに向かうと、荒川暁に指導を受けているレッドビッキーズを目にする。
事情を聞くと、令子監督の目を心配し、療養に専念してもらうための芝居であったと知る。令子の父に初勝利のプレゼントをしようと、秘かに猛特訓を積んでいたメンバーの思いやりに涙を流す令子であった。

ペロペロを伝達役に、バイキングスとの試合経過を自宅で聞く令子は、苦戦するレッドビッキーズの状況に、居ても立ってもいられず、ユニフォームを着てグラウンドにやってくる。
令子の采配でトータスが出塁をすると、最後ペロペロを代打に送り込み、逆転の初勝利を手にするのであった。

というお話し。

出だしでイキナリレッドビッキーズが解散というお題目は、ちょっと唐突かな。それに加えて、編集ミスが一箇所。
荒川暁氏による秘密特訓を目にした令子が、グラウンドに現れた際、石黒コーチに「歩いても大丈夫なのか?」と聞かれている。しかし、その前に退院後、凧揚げをしているメンバーに会っている訳だから、このセリフは変。

それはさておき、レッドビッキーズの初勝利は、やっぱり感動!ペロペロもこの頃は、頼りにされている存在だったのね。。。

最初、ペロペロを見張りにして、ビッキーズのメンバーがコソコソと練習をしていたわけだが、今の時代なら間違いなくケータイを使うよね。試合結果もメール+テレビ電話で済んでしまうのが今の時代だが、レッドビッキーズを見ていると、確実にケータイが無くても生きていけた時代があったんだと、シミジミと感じてしまう。
[PR]
by salomon70 | 2005-12-18 00:39 | がんばれ!のストーリー&感想 | Comments(0)