ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

たまにはこんなことも

今月に入ってイキナリ残業時間が増えたサロモンです(涙)。

はぁ~(^^; 時差って面倒ですね・・・最近、海外とのテレカン(テレビカンファレンス)=電話会議が
多いので、相手の国との時差があると変な時間に打ち合わせをすることがあります。

「夜11時からテレカンです」なんて会話が当たり前に行われる職場って変でしょ(笑)。

その変な感覚で(笑)たまには違ったことを書こうかなと。

大したことではないのですが(笑)、3月に行った静岡旅行の写真&テレビ映像をブログ用に編集していると
普段気付かないことに気付いたりします。

その一つが本放送とその前週に放送された予告で使っている映像が違うというものです。
例えば、第76話「そしてチームは解散した 」の「本編」とその「予告編」の映像です。
e0031613_014468.jpg
第76話「そしてチームは解散した」の「予告」で流れたホテル川良に向かう樹理
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映
e0031613_0151213.jpg
第76話「そしてチームは解散した」の「本編」で流れたホテル川良に向かう樹理
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映

何が違うかわかりますか?

ホテルの入口に本編ではお辞儀をする人がいるのに、予告編にはいない。
それとホテル川良に向かう樹理の角度が違うんです。
予告編では、ホテルに向かって右側から歩いてくるのに対して、本編ではほぼホテルの正面から
入っていきます。*ほんとツマラナイことで申し訳ないです(^^;)

つまり、別テイクの映像ということなんですよね。他にこんな違いも見つけました。
e0031613_0242838.jpg
第49話「海とキャンプとふるさとと 」の予告編でヌードになる樹理(笑)
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映
e0031613_0255483.jpg
第49話「海とキャンプとふるさとと 」の本編でヌードになる樹理(笑)
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映

予告編の方がはっきり言って目線がセクシーです(笑)。
予告編では、樹理監督は何か「遠くを見ている感じ」がしますが、本編では「遠い目」をしている
感じがします。
*こめかみ部分の髪の形も予告編は少し乱れてます。

本当に大したことではないのですが(^^;、別テイクの映像を見つけると「色々撮りなおしたんだろうな」
とか、当時の撮影の様子を想像するのも個人的には楽しかったりします。

最後に紹介する第45話「海とキャンプとふるさとと」の予告編では下記映像がありますが、
本編ではカットされています。
e0031613_0432394.jpg
何やらキャンプを楽しみに遊ぶ計画を立てているようにも見えるエキシャとイチャモンとラクゴ
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映


御前崎キャンプでは、トロケンが家族に宛てた手紙で魚を釣って帰るとか言ってますが、ご存知の通り
御前崎ではそんな余裕はない状態でしたよね。

同じキャンプでも「がんばれ!」の第39話「富士山に向って打て」であった山中湖キャンプでは、
キャンプファイヤーのシーンがあったので、「それゆけ!」でも本当は、キャンプを楽しむシーンを
織り込む予定だったものが、結局は全てカットになったのでは?なんて、妄想して現実逃避を図る
サロモンであります。(^^;

それゆけ!がDVD化された際には、特典で同窓会以外に、NG集のような当時の撮影の様子が
伺える映像が残っていたら入れてほしいな~。
フイルム映像じゃ余分な映像はないのかもしれないけど。
[PR]
by salomon70 | 2010-06-25 02:04 | それゆけ!のストーリー&感想 | Comments(2)
Commented by オリーブ at 2010-06-28 00:37 x
予告編は要チェックですよね!
樹理が本編に登場するのは25話からですが、その前の予告編には本編では未使用の映像が映っています(試合中、ベンチ裏の通路でユカリ監督にアドバイスするシーン)。
とてもいい表情をしていますね。
それから、撮影当時「焼津~御前崎行きのロケバスに同乗した」という方が、ツイッターで思い出を語っていましたよ。楽しい雰囲気の車内だったみたいですね。
Commented by salomon70 at 2010-06-30 22:34
オリーブさん
台本が途中で差し替わることも多いでしょうから、
映像から全くセリフが抜けているところもあって、
それはそれで見ていて楽しめますね。