人気ブログランキング |
ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

Out of Story シゲ編

シゲといえば、グラウンドでは、誰よりも声をあげる、熱血感溢れる奴である。
しかし、オーナーの息子という「親の七光り」を使い分けるイヤラシイ側面もある。
第46話「スパイ大作戦」では、ナッツに特別な好意を抱いていることが判明。
しかし犬が苦手なシゲは、ナッツを襲う犬を前に、先に逃げてしまう。
デート時の服装といい、番組の後半は、セリフの言い回しが、結構クサクなる。
そう、シゲはキザなのである。

そこで、シゲの後日談について妄想してみた。

中学に入り、ナッツとはクラスが別々になったが、廊下では声を掛け合う二人であった。
ビッキーズ時代同様、熱い心を持ったシゲは、体育際の応援団員として活躍をする。
(オーナーの太鼓で)

体育際は無事に終わり、ナッツにいいところを見せることが出来たと自己満足するシゲ。
放課後、体育館の裏に捨ててあった「ビニ本」をふと思い出し、意気揚々と拾いに向かうシゲ。
しかし、そこでノミさんとユリカのラブシーンを目撃してしまう。

「チックショ~。いいな~ノミさんの奴。そうだ、おれもナッツにチューしなきゃ!」と決心し、
ナッツをデートに誘う。

前回、映画で爆睡してしまった反省から、今回は事前に睡眠をとり、「夜明けのコーシー」を
飲んでデートに臨んだシゲ。

映画は、野球ラブロマンスよみがえれ!サウスポー
これなら、ビッキーズ時代に培った「愛の三遊間」をナッツが思い出し、チューができるに
違いないと考えたシゲ。

映画は無事に終わり、夕方の荒川沿いを歩く二人。長い沈黙が続いたが、意を決して
切り出すシゲ。
「夏子さん。この前の体育際。俺どうだったかな?あれ、実はナッツを一番応援していたんだぜ。」
「シゲ・・・・」目を閉じるナッツにシゲが寄り添う。そして・・・・


「いつまで寝てるんだい!早く出前にいっておくれ!」

というかあちゃんの声。「え?・・・・・」


「シゲのばか!」映画を一人見るナッツであった。

・・・・という妄想。

ごめんねシゲ・・・
飯屋だけにチューはおあずけ、ナッツとはオアイソなのさ。

ちなみに、「おあいそ」の語源
おあいそは、本来、お店側が「お愛想がなくて申し訳ありません」などと断りを言いながら、
お客に勘定書を示していた言葉である。
語源のままであれば、お客が「おあいそして」と言うと、「こんな店には愛想が尽きたから
清算してくれ」という意味になる。
お勘定の意味としてお愛想が使われ始めたのは、庶民の暮らしや流行などの情報を掲載
した明治時代の雑誌「風俗画報」95号の中で、「勘定をあいそといふなど尤も面白く存じ候ふ」と、京都の流行として紹介されたものが、全国に広まったからと考えられている。

<出典:語源由来辞典>
by salomon70 | 2005-09-27 01:01 | ビッキーズ Out of Story | Comments(0)