ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

どうも。サロモンです。

それゆけ!が山田由紀子さん演じる高原樹理になってだいぶ話が進んできましたが、それに合わせて
子供のころの樹理監督の記憶もよみがえってきました。

高原樹理の熱い役どころは一方で、淡白な性格(描写)故に、「おいおい・・・」というツッコミを入れたくなります(w)。

もし、高原樹理が会社の上司(部長代理)だったら・・・

部下「PCの使い過ぎで、目が充血してます」
樹理「目を逸らすのよ!」

本部長「樹理君、最近部下に冷たくないか?」
樹理「やりすぎちゃったかな?でも、ただの代理ではなく、本当の上司と認められるかどうかの
賭けなんです!」

部下「実はリクナビN〇XTでスカウトされて・・・」
樹理「その程度の実力で?」

部下「こんな仕事やってられません!」
樹理「じゃ~やめちゃえば?」

不況下に見るレッドビッキーズ。。。こわいよー。


どうでもいいことですが、うちにはメス猫がいて食べさせているネコ缶が、
e0031613_1244689.jpg
焼津のまぐろ

山田由紀子さんの出身地ということで、芸能界引退後、地元に戻ったという噂もあるようなので、
こんなところで山田由紀子さんとつながっていた自分に感動であります!
[PR]
by salomon70 | 2009-04-26 01:34 | Comments(0)
今日は久々に早く家に帰れたので、それゆけ!を時間通りに見れました。

噂のミルクボールが登場!ですが、樹理の投球フォームが・・・・(^^;
前転・後転ができる山田由紀子さんの運動神経が台無しです(w)。

スローで見るとバク転までしてるのはスタントマンとわかってしまいますが、
それでも、怪我を心配しなければ、ご本人でもできた感じですね。

以前紹介したミルクの家のロケ地も、今回の放送で引きの画面が多く、全体が見えて
結構おもしろかったです。

それにしても、ミルクボールが生まれた体育館が大泉のスワロースポーツクラブとは、、、
結構老舗なんですね、、、と思ったサロモンであります。
[PR]
by salomon70 | 2009-04-23 23:09 | Comments(0)
どうも。今週は放送がお休みということで、久々にまったり(笑)できたので、個人的な感想を書きます。

自分の生い立ちと比べてみると、それゆけ!の監督交代の時期、ちょうど自分が小学校を転校した時期と
重なっていました。放送時間も変わり、おそらく樹理監督になってからの方が、番組を見やすい時間だったと
思われ、樹理監督の記憶が多いです。
しかし、転校してからは野球より、釣りとガンプラ(爆)に夢中だったことも思い出しましたが(w)。

ゆかり監督と樹理監督の比較論もあるようですが、個人的には子供の時に見る番組の主役は監督ではなく
子供ということもあり、監督の差はあまり感じません。
子供のころ、自分がヒーローになることが最大の関心事だったので、魔球を投げられる方がカッコいい
という、邪(よこしま)なガキでした(w)。

なので、放送当時の感覚では、(今、再放送を見る限りにおいて)、物足りなかったかも。

ですが、大人になってみるレッドビッキーズは、純粋な人間関係に惹かれて見てます。
大人になると感情をあらわに語れるのは、ネットぐらいのもので、実社会では、表に出すことはめっきり
減った気がします。

ゆえに、相手が何を考えているのかわからない、伝わらない、体温を感じないコミュニケーションの多さに、
企画書の山ができあがる仕事の要因を感じつつ(爆)、レッドビッキーズの人間関係にうらやましさを感じます。

東映ヒロインMAXの斉藤とも子さんのインタビューも読みましたが、監督交代で本当にみんな泣いたという
エピソードに熱いものを感じました。

まさに、今のレッドビッキーズは心のオアシスです。
[PR]
by salomon70 | 2009-04-19 12:31 | Comments(0)
来週は、レッドビッキーズの放送がなく、ひと安心のサロモンです(笑)。
そんな余裕を活かして、行ってきました。セオリーの家。
e0031613_22425583.jpg
第27話「新監督を追い出せ」から
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社
セオリーの兄が大学に合格して喜んで家に帰ってくるシーンで左手の電柱に大泉学園町の
文字を発見。
左手の長い直線道路でピンと来たのが大泉学園歴22年の経験でしょうか(w)。
e0031613_2252695.jpg
第29話「グラウンドが消えた!」から樹理がデートと想わせぶるシーン
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社

奥にクリナップという看板の文字に続き、下の画像ではその建物が引きで映ってます。
e0031613_22563850.jpg
第29話「グラウンドが消えた!」から樹理のあとを追いかける子供達。
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社
e0031613_2315268.jpg
そのまま残ってます。左の縦長に続く赤い煉瓦が同じですね。


e0031613_2351771.jpg
第29話「グラウンドが消えた!」から樹理にどう切り出すか迷うシーン
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社

決定的な決め手になったのは、トロケン達の後ろに写っている建物。
e0031613_237446.jpg

繁みで建物(都立大泉養護学校)が全部写せませんでしたが、建物の窓枠とか形が同じですね。
セオリーの家の前が横断歩道だったことを考慮すると上記写真の裏手がセオリーの家ということで・・・
e0031613_23132899.jpg
…………( ゚д゚)ポカーン

そう無くなってました。_| ̄|○
e0031613_2316242.jpg
第29話「グラウンドが消えた!」から自分に内緒で試合をされ頭にくる樹理
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社

上の画像の赤枠にある建物は、向かいにある大泉学園桜小学校の建物の上部なので、三角測位的に
考えると間違いないようです。【地図=交差点「桜小前」】
e0031613_2333610.jpg
桜小学校を背にして撮影したセオリーの家の跡(上部画像の対面方向から撮影)

e0031613_23341930.jpg
セオリーの家の跡、裏側から撮影

オーナーが同じかどうかわかりませんが、いずれも大豪邸の立派なお家ですね。
最近建てられた感じなので、あと2年「それゆけ!」が早く再放送されていたら当時のまま
見られたかも知れません。
e0031613_23382762.jpg

初夏の大泉学園にさみしさを感じたロケ地巡りでした。
[PR]
by salomon70 | 2009-04-12 22:15 | それゆけ!のロケ地 | Comments(2)
どうも。サロモンです。

僕は寿司と言えば、トロよりウニとイクラが大好きです。おいしい寿司屋があるかどうか探しに出かけました。
e0031613_21392387.jpg
第32話「新監督の賭け」から
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社

トロケンの父(小鹿番)が樹理の監督方針に業を煮やし、それならばと、口を尖らせた画像の背景に
「クリーニング」(右手)と「?店」(左手)の文字が見えます。
e0031613_21434036.jpg
今も健在でした。
e0031613_21475653.jpg
第12話「お笑い一席 ホームラン」から
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社

上記画像は、ラクゴの兄とゆかりを結婚させるべく、ライバルとなりそうな石坂コーチに「魚忠」の看板娘
「天野ゆり」を押し付けにトロケンの店に行くシーン。
e0031613_21533170.jpg
手前のブロックの段数が一段増えていますが、ポスターの貼ってある奥の塀の穴の形が同じなのが
わかりますか?

ということは・・・・この左の先にトロケンの家があるということで~
e0031613_21554449.jpg
第32話「新監督の賭け」から
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社
e0031613_21593588.jpg
リフォーム
キタ━━━━━━━━(゚A゚)━━━━━━━━ !!!!!


お店は既に廃業されてしまって、リフォームされてました。写真には写ってませんが、お店の前に
埋められている石の足場は少し残ってました。
場所探しの決め手は、トロケンの家の後ろに写っている団地から方向を推測して探しました。
というより、大泉グラウンドと同じ通り30m位の距離です。
e0031613_2295325.jpg
右手の木が伸びている先がトロケンの家、左手奥のマンションがグラウンドの跡地です。
今は白子川の護岸工事のため通り抜けできません。

ところで、この構図で気づいたことは、トロケンがオープニングで店(家)を出て左手に走っていきますが、
グラウンドは右にあるんですねぇ~。オヤジに似てそそっかしいですね(笑)。
あ~寿司食べたかったな~。

仕方がないので、セオリーの家にパンケーキでも食べに行くか・・・( ̄ー ̄ ニヤ
[PR]
by salomon70 | 2009-04-12 22:13 | それゆけ!のロケ地 | Comments(0)
一向に試合をやろうとしない樹理の方針に業を煮やしたトロケンの父(小鹿番)は、
直談判するが一向に聞き入れようとしない樹理。
トロケンの父はレッドビッキーズの親を集めた父兄会を開き、試合をするように
セオリーの父からも頼むように言われ、樹理に話すがそれも頑なに拒む。

それならば、子供達を練習に行けないようにとユニフォームや野球道具を取り上げ、
小遣いもあげないとして子供達を練習に行けないようにした。

それでも自分の方針を変えようとせず、誰も集まらないグランドに向かう樹理に
セオリーの姉ルミが理由を聞く。
そこで、樹理は前のゆかり監督のように、またはそれ以上に自分がチームの信頼を
得ているかどうか確かめたいとルミに話す。
親の足止めを受けている子供達がそれでも自分の所に来てくれてこそ、本当の信頼を
得たという賭けをしている旨を明かすのであった。

石坂コーチまでも練習に行けなくなってしまうが、樹理はひとり時間通りグランドで練習
の準備を続ける。
そんな姿を見た子供達は、親の反対を押し切ってグランドに集まってきた。
そこへトロケンの父親が殴りこんでくるが、樹理はお父さんチームとの紅白試合ならば
軽く相手ができるという。
レッドビッキーズが試合に勝てばチーム方針に口出ししないことを要求し、試合に負ければ
自分は監督を辞めることを提案する。

はたして軍配はどちらに?

★感想
野球とは関係なく(爆)、山田由紀子さんの素敵さがフォーカスされる「それゆけ!」(笑)ですね。
それにしても放送当時の山田由紀子さんの貫録は、とても20歳前後とは思えないです。
「そんなことナクナクナイですか??」とかは言わんでしょう山田さん?
[PR]
by salomon70 | 2009-04-12 11:56 | それゆけ!のストーリー&感想 | Comments(0)
小学1年生になった文三はクラスメートに王監督のサインボールがあるので見せて
あげると約束をする。しかし、そのボールは兄の文太のもので、勝手に持ち出してしまう。

ところが、途中で悪ガキ3人にボールを奪われてしまい、妹あやとともに悪ガキのところへ
行くが、返してほしければ1万円を持って来いと言われる。

理由は言えないが、どうしてもお金が必要だからというあやの呼びかけでレッドビッキーズの
子供達はみんなでお金を出し合う。
そして、1万円には少し足りないが、そのお金を悪ガキに渡そうとするあやと文三の姿を樹理が見かけ、
事情を知る樹理。

樹理は子供たちに、本当に困っている理由も聞かずにお金だけを渡すのはチームワークではないと
諭す。
樹理から事情を聞かされた子供達は、悪ガキ3人に詰め寄るが、そこへ遅れてきた文太はひとりで
悪ガキたちに立ち向かう。
そしてついにボールを奪い返し、文太はそのボールを文三にあげる。
樹理は、一連の出来事を通じて、子供達に本当のチームワークを学ばせることができたのであった。

★感想
久々の悪ガキ登場ですが、今の時代、小学1年生から上級生が物を奪い取り、金を要求するところを
露骨に描くことが少ないだけに、今回の放送は久々に見た不快に感じるテーマでしたね。
でも、これって野球番組が取り上げるテーマ?
文太ひとりに悪がき3人と喧嘩させた理由もイマイチわかりずらいなぁ・・・
[PR]
by salomon70 | 2009-04-12 11:38 | それゆけ!のストーリー&感想 | Comments(2)
新しいグランドでレッドビッキーズはフライを捕る練習をしていた。

ところが、ナミダ君は落ちてくるボールを顔で受けてしまう。
大事には至らなかったが、すっかりボール恐怖症になってしまい、樹理はやわらかいボールで
恐怖心を克服させようとするが、どうしても逃げ出してしまい、最後は大きなボールが自分に
ぶつかってくる夢まで見るようになり、とうとうナミダ君は仮病を使って練習を休んでしまう。

ナミダ君の異変に気づいた樹理は、ナミダ君の親を尋ね、仮病だとわかる。
厳しすぎたかと反省するが、樹理は逆にフライも取れない選手は要らないと言ってナミダ君に
首を宣告する。

チームは彼が病気だから仕方がないと思っていたが、ナミダ君は、病気ではなくボールが怖くて
嘘を付いていたことを白状する。
そこで、レッドビッキーズの面々は、ナミダ君がフライを取れるように特訓を始める。
しかし、何度やってもボールの直前で逃げ出してしまい、そこへ現れた樹理もダメな子は
駄目だと突き放す。

悔しい気持ちを胸に再び特訓を続け、ナミダ君はついにボールをキャッチする。
樹理の「やればできることを知ってもらいたかった」という言葉にチームは
再びまとまっていくのであった。

★感想
「おめでとう白雪姫」の時もそうですが、スタジオの別撮りはドン挽きです。
[PR]
by salomon70 | 2009-04-12 11:27 | それゆけ!のストーリー&感想 | Comments(0)
レッドビッキーズがいつも使っていたグラウンドが、ビルを建てるために使えなくなってしまった。
そこで樹理はフィールドアスレチックを使った基礎訓練を考える。

最初こそ子供達は楽しんでいたが、来る日も来る日も同じことの繰り返しにうんざりしてしまう。
そんなある日、レイダーズとの練習試合を石坂コーチが持ってくるが、基礎訓練中ということを
理由に樹理は試合をしないという。
そんな方針に不満を持ったトロケンの父(小鹿番)は、トロケンにみんなで先生の所へ行くという
嘘を付かせて、樹理に内緒で試合を受けしまう。

しかし、その嘘は直ぐにばれてしまい、試合に勝って意気揚々と帰るチームの前に樹理は
現れ、好きにやりたければ勝手にすればいいと言って立ち去ってしまう。

夜、そのことを話すとセオリーの父から、樹理にも落ち度があったのではないかと
指摘を受ける。

一方レッドビッキーズの面々は監督がいなくなって困り、野川からも監督は樹理しかいないことを
諭され、トロケン・文太・セオリーの3人は樹理のもとへ行く。
しかし、どこかへ出かけるからと立ち去ってしまう。

3人は樹理の後をつけると男性と会っているところを目撃し、デートをしていると思い込む。
監督が結婚してしまったら身も蓋もないと、全員で監督のもとへ謝りに行き、監督を続けて
もらうことが出来た。

翌朝、樹理はレッドビッキーズの一行を、新しいグランドに連れて行く。
昨日(会っていた男性から)グランドの使用許可を得てたことが
わかり、子供達もひと安心。
また、ようやくバットとボールを持った練習をすることになって子供達は喜ぶのであった。

★感想
子供たちが謝りに来た時、樹理の「反省しているか?これからは何でも言うことを聞くか?」
というセリフを聞いて、ドMにはたまらない言葉だろうなぁ・・・と思ってしまいました(笑)

ところで、今回のタイトル名とストーリーあまり関係がないように思えるのですが・・・。
[PR]
by salomon70 | 2009-04-12 11:21 | それゆけ!のストーリー&感想 | Comments(0)

まずは、トロから注文するのがセオリー?
[PR]
by salomon70 | 2009-04-11 12:43 | Comments(0)