ブログトップ

がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズのその後

vickies.exblog.jp

「がんばれ!&それゆけ!レッドビッキーズ」のブログ+ロケ地巡り。出演者の方のコメントもOK

第27話「新監督を追い出せ」

ゆかりが去った後、レッドビッキーズの新監督に選ばれた高原樹理。
勝つためのチーム作りにと基礎体力の強化を考え、平均台、跳び箱、鉄下駄、
竹馬、マット運動など、樹理らしい体操を取り入れた練習メニューを用意した。
しかし、竹馬を割り当てられたイチャモンは、なかなかうまくできず、また今までと
違う練習方法にも反発を覚える。

嫌ならユニフォームを脱いで辞めろと樹理に言われ、イチャモン、エキシャ、ラクゴは
その場でユニフォームを脱ぎ棄て、走り去ってしまう。
イチャモン達は、新監督を追い出そうとトロケン達に声をかけ、結局、セオリーとおもちゃや
餡パンで釣った、あや・文三の3人がユニフォームを返してきた。

しかし、樹理は対抗策として新メンバー募集のビラを貼り始めていく。
それを知ったイチャモン達は、ビラをはがして廻ったが、グラウンドに行くと、すでにテスト生が
居て、別の人間にイチャモン達のユニフォームが渡されていた。

ユニフォームを返して欲しければ体操のテストを受けろと言われ、イチャモン達は合格者を
相手に竹馬・タイヤ引き・跳び箱のテストをそれぞれ受ける。
セオリーとエキシャはテストに落ちてしまうが、樹理は敗者復活戦としてマット運動を
課してようやくユニフォームを取り返すことができた。

しかし、これは樹理が仕組んだ芝居でテスト生は全て樹理の友人等(千代子と真弓)が集めた
バイトだったと知る。
怒るイチャモン達に、樹理は「悔しかったらぶつかって来い」と構え、彼らを受け止めていくのだった。

★★★感想
今までいかにも女性的やさしさを売りにしたゆかり監督から、ボーイッシュ(死語)の樹理に監督が
交代してしまった視聴者的?配慮からか、いきなりお色気路線です(笑)。
e0031613_18115142.jpg
体操をする樹理
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社
e0031613_18124717.jpg
シャワーを浴びる樹理
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社
e0031613_18142273.jpg
不自然なまでに肩を出す樹理(笑)
映像:ファミリー劇場から。それゆけ!レッドビッキーズ(C)石森プロ/東映株式会社

樹理監督になってから、なんとなく見ていた記憶がよみがえってきました。でも、子供だった自分には
きっと何も感じなかったんでしょう(爆)。残念!!

大人になった今の自分はどちらかと言えば、女性的なゆかり監督の方に好意がありますが(爆)、
子供の頃は、髪の短いボーイッシュな女の子の方が好きだったことを思い出しました。

人の好みは年と共にかわるんだなぁ~と思う今日この頃です。
[PR]
by salomon70 | 2009-04-05 18:20 | それゆけ!のストーリー&感想 | Comments(8)
Commented by テスト生です at 2009-06-15 15:07 x
昔子役をやっていて、このテスト生役をやりました。最後、「負けたよ」って言って、セオリーかエキシャにユニフォームを返したと思います。でも、当時のことはほとんど覚えてないですねぇ。昔が懐かしい・・・。
Commented by salomon70 at 2009-06-16 00:57
テスト生さん
はじめまして!いい思い出じゃないですか。
自分ももっと子供のころ、いろんなことをしておけば
よかったと後悔してます。。。

ご両親か何かが勧めてやられてたんですかね。
Commented by だるま at 2009-07-13 16:07 x
こんなシーンがあったんですねー
うむむ・・ファミリー劇場お得意の全話放送してくんないかなー
Commented by salomon70 at 2009-07-14 02:32
だるまさん。当然あると思いますよ。
でも、今度は10話一挙放送とか、わけのわからない
ことをしでかしそうで、怖いです。
Commented by 昭和45年1月生まれ at 2009-10-01 00:05 x
4月のこの辺りの再放送当時は、ゆかり監督の方が好みだとコメントされていたサロモンさんですが、全77話まで放送終了した今現在となっては、完全にポパイ監督にメロメロになってしまったのですね。
ポパイに惚れてしまった決定的要因は、次の中のどれでしょうか?

(1)第53話からの朝日放送のオープニング(メガホン片手に駆けて  くる(出演者紹介)+子供たちがタイヤにバットを打ち付けている  場面(さ~ん!と言っているのかな?)

(2)第74話「ポパイの背中はなぜか春風」での、ポパイのセリフ「ば  あさんでもいいって言ってくれる人のところへ、行くもん!」

(3)第76話「そしてチームは解散した」で、寿司金で熱燗を飲んだ  後、千鳥足で泣きそうになりながら「好きさ好きさレッドビッキー   ズ」を口ずさんで帰るシーン
Commented by salomon70 at 2009-10-01 23:19
昭和45年1月生まれさん
決定的な要因というのはないのですが、強いて言えば、(1)が近いですかね。
(2)や(3)のころには「メロメロ」ではなく「デレデレ」です(爆)。

09年05月24日のブログにも書いたのですが、第46話~48話あたりから、
樹理監督の私服姿が増え、それまでの「鬼監督一辺倒」の演出に変化がうかがえます。

私服=野球以外の部分で樹理監督の人間味が出てデヘヘ(^^;となっていった感じです。

そういう意味では、オバケに怖がる樹理監督を描いた
第46話「お化けとポパイ」で最後、子供たちにからかわれるシーンがよかったですね。
Commented by オリーブ at 2009-10-02 21:51 x
二度目の投稿です。
私は監督交代直後からメロメロになりましたよ。ラクゴが樹理が届けた野菜ジュースを捨てる話がありましたよね。そのことをラクゴに告白されたとき、樹理監督はそれを咎めるのではなく、「そうなの…」と答えただけでした。あのときの寂しそうな、それでいて穏やかで優しげな表情にノックアウトされました。
なので登場初期から「鬼監督」というイメージではありませんでした(「鬼」といえば樹理のお兄さんはマジで怖いですね。風貌も…)。
「ファミリー劇場」の放送で樹理登場までは「がんばれ」の二番煎じかな?みたいな印象しかなく、正直惰性で見ていましたが、樹理監督編はキャラが立ってて実に面白かったですね。
Commented by salomon70 at 2009-10-03 11:55
オリーブさん
はじめまして!初音ミクはだいぶ前に辞めてしまったサロモンです。(^^;

あ~あの悲しげの表情もよかったですね~。

今思えば、男心をワシ掴みにする手法満載ですね(笑)。

星野ゆかり編は、はじめてレッドビッキーズを見る人にはよかったのかもしれませんが、
がんばれ!から見ている人には、リメイクに見えてしまうかもしれませんね。

それが樹理監督編になってから、ようやくオリジナルな
感じが出てきたように感じます。
野球からだいぶ離れたお話にはなってしまいましたが。。。